孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

【新年度】個人の目標設定の仕方

ブレインプログラミング

皆さんは個人的な目標設定をしていますか?

大人になってからは、会社で毎年目標設定をしているから大丈夫と思っているかも知れませんが、会社で立てる目標はあくまで業務上の目標です。個人としての目標を立てることで、より活き活きとした達成感のある人生を歩むことが出来るはずです。

2018年度も本日から始まります。今からでも遅くないので、一つでもいいので目標を立ててみてはいかがでしょうか?

今回は個人の目標設定の仕方について紹介していきます。

 

個人目標設定の必要性(意味)

筆者の好きな自己啓発本で結構良いことが書かれている本として『自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング』があります。 『自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング』では、夢(目標)を達せさせる為の具体的な手法が例を用いて書かれているのですが、その中に目標設定がどれだけ人生に大きな違いをもたらすかを記載された実調査の内容が書かれています。

1970年代に、富裕層の人たちを対象にした調査が行われてことがある。テーマは「100万ドルクラスの資産家と億万ドルくらすの資産家の”大きな違い”は何か」ということだった。富裕層の中でも、どんな違いがあって、一方がもう一方よりずっと裕福なのかを知ることが目的だった。

調査の結果、どちらの人たちに共通していたのは、「自分の望みは何か」をはっきり知っていることだった。

しかし、違っていた点がある。億万ドルくらすの資産家は、「自分の考えや目標、目的をしっかりと紙に書いたリスト」を持っていた。それがもっとも大きな違いだった。

※書籍『自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング』より

この内容が示している重要なポイントは2点あります。

  • 自分の望みを明確にする
  • 目標を明確化ししっかり文章化する

多くの人は何かをしたいと思ってもなんとなく思っただけで、望みを明確化し具体化しません。しかし、富裕層になるような人たちは「自分の望みは何か」を明確に認識していることです。

 

なぜ望みを明確化した方が良いのかというと、望みを明確化しないと自分の真の気持ちが分からないままだからです。

例えば、なんとなく素敵な人と付き合えるなら付き合いたいと思っていても偶然が重ならない限り何も起きません。しかし、年収1000万円以上で優しくてイケてる人と付き合いたいと望みをはっきりさせ文章化したら、自分の望みに向かって進むことが出来ます。このことで、自分の意志で自分の行動を制御し、その結果として望みを手に入れられたら達成感や満足感は非常に高くなるでしょう。

このように、望みは常に明確化した方が人生の満足感という点も非常に良いです。

そして、望みをはっきりさせたら目標を立て、しっかり文章化すれば目標に向かって行動することが多くなり、ただ何となく生きている人よりも目標を達成しやすくなる事は明らかです。

 

このように、会社で立てる目標だけでなく、個人目標を立てた方が圧倒的に人生の満足度は変わり、より活発な生活を送れる可能性が高くなるので、個人の目標は設定する方が良いです。

 

個人目標設定の仕方

自分の望みを明確化

個人目標設定の仕方を紹介します。普段あまり目標を立てない人は、個人として何を目標に立てたら良いのか迷うかも知れません。 

しかし、深く考える事はないです。自分がしたいこと、なりたい状態、欲しい物を何でも目標にしたら良いです。

目標を設定する際は、まずは自分の望みを明確化することです。

筆者の望みを例として紹介します。参考にして頂ければと思います。

筆者の望み(例)
  • 大金が欲しい
  • 不労所得を得たい
  • いくつかの事業を持ちたい
  • 毎年使いきれない程の株主優待を取得したい
  • ブログで収入を得たい
  • youtuberで有名になりたい
  • プロゲーマーとして世界大会で優勝したい
  • テニスの大会で優勝したい
  • オーストラリアに移住したい
  • 冬場は岩盤浴に毎週通いたい
  • 書籍を出版したい
  • 健康な体を維持したい
  • いっぱいの子供を欲しい

筆者の望みを見ると適当すぎて「こんなのでいいの?」と思うかも知れませんが、こんなのでいいです。見栄えや統一感などを気にすると、本当に自分が欲しい・したい・なりたいと思うことが分からなくなり、結局目標に対する自分の気持ちが付いてこなくなるので、自分の望みは取り繕ったものではあまり意味がありません。

それこそ、突拍子の無い1000年生きるやアイアンマンになるでも構いません。

 

自分の望みから目標を設定

目標は自分の望みを叶えるようなものにします。そして、会社でもよく言われる事かも知れませんが、定量的に設定する方が良いです。

例えば、自分の望みが「大金が欲しい」だとしたら、「資産1億円を手に入れる」というように数値化すると良いです。

また、目標には期限が必要です。例えば、自分の望みが「大金が欲しい」で目標値として「資産1億円を手に入れる」ならば、「45歳までに資産1億円手に入れる」と期限を決めること大事です。

無期限だといつかはしようと実際の行動に移す気持ちが減ってしまうので、いつまでもかなら目標にはセットで入れると効果的です。

 

では、自分の望みに対して一つ一つ目標を設定していきましょう。となるのですが、自分の望みが多い人は、一つ一つに目標設定していくと相当な時間が掛かってしまいます。そこで、自分の望みの中でも特に達成したい希望をいくつかピックアップして目標設定するとしっかりと取り組む事が出来て良いかも知れません。

 

目標達成のための計画

では、目標が立てられたら目標の為の計画を考えましょう。

会社で立てる目標設定でも、目標を達成するための施策や取り組みを記載するかと思いますが、実際に個人の目標設定でもどのように目標を達成するか考えてみることが大事です。

例えば、資産1億円持つという目標に対して毎年100万円貯金するでは100年掛かってしまいますが、株や仮想通貨などの投資で資産を増やすことを取り組みとして入れていれば、10年~20年でも届く距離に見えてきます。

ただし、目標が大きすぎてまだ何も見えてこないということもあるかも知れません。何から手を付けたら良いのか分からなくなるという状態ですね。

この場合は目標に対して今自分が出来る事を何でもよいので考え付く限り列挙したらよいと思います。いきなり有名youtuberになるという目標を立てても何をしたらよいのか分からない場合は、とにかく自分がイメージする目標を達成するためのストーリーを書き出しましょう。

もし、どうしても目標が見つからないという人は、目標を達成ている人を見つけるのもありかも知れません。自分で目標までの道を探るよりも、既に達成している人を参考にした方が圧倒的に安心感や進めやすさがあるでしょう。

 

まとめ

如何でしたか?個人の目標設定の仕方を紹介しました。

新年度がスタートして気持ちもリフレッシュしやすいので、まだ目標を立てれていない方は本記事を参考にして目標設定が出来ればと思います。

これからも、投資、節約、貯蓄、資格取得、成功法則など人生を豊かにする為の情報を配信していきたいと思いますので、気になった方はブックマークして頂ければと思います。

 

参考書籍