孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

アフォメーションの手順とポイント

アフォメーション

皆さんは何か目標はありますか?

誰しも何かしらの願望があり、その願望を実現しようと目標を設定することで行動に繋げ、願望実現していきます。

願望実現の際に有効的な方法としてアフォメーションという手法があり、人間の脳の習慣を利用して願望実現を助けてくれます。

今回は、アフォメーションの手順とポイントについて紹介します。

 

 

アフォメーションとは

アフォメーションは「肯定的な自己宣言」という意味で、夢の実現や恋愛の成就などの為の手法です。

肯定的な自己宣言を続けていくことで、脳はいつしか自己宣言していた仮想の状態から現実が逆転し、いつの間にか宣言したことが実現するというものです。

理屈としては、肯定的な自己宣言を繰り返すことで、脳は願望と現実の区別が薄くなり、いつしか宣言した内容を実現する為の行動に現れます。そして、行動が習慣化し、いつしか結果が付いてくるという考えです。

アフォメーションを調べると「幸福の科学」的なちょっと宗教的なイメージを持つ場合もありますが、原理が分かれば別に効率的なのモチベーションアップ方法なので、利用してみると良いかも知れません。

 

アフォメーションの手順

アフォメーションの手順は単純で以下の3手順です。

  1. 自分の願望を紙に書きだします。
  2. 書き出した願望を実現した自分を宣言します。
  3. 自己宣言を毎日繰り返します。

何事にも通じる話ですが、頭の中だけで完結するよりも何かしらにアウトプットする方が成果に繋がりやすいです。アフォメーションも同様で、自分の願望は必ず紙に書き出しましょう。

また、これも何事にも通じる事ですが、毎日毎日何度も繰り返す事が成功者と敗者を分ける大きな違いです。自分が天才だと思う人は繰り返し続けなくても何でも成功するかも知れませんが、普通の人はとにかく繰り返す事が大事です。

想像してみてください。毎日毎日「僕は社長だ」と言い続けて5年経ったら、いつの間にか社長になってそうではないですか?何年も繰り返し「私はスタイルがいいわ」と言い続けたら、数年後にはスタイル良くなってそうではないですか?

毎日毎日繰り返し辛抱強く宣言する事が成功へ繋がる可能性を高めてくれるでしょう。

 

アフォメーションのポイント

アフォメーションのポイントは以下の2点です。

  • 宣言は現在形であること
  • 肯定的であること
  • 具体的であること

宣言は現在形にしましょう。「私は○○している」や「僕は○○になっている」と言った形です。現在形にすることで、よりリアルに自分が○○の状態をイメージし易くなるので、未来形や過去形よりも現在形を使うようにしましょう。

宣言する内容は肯定的な内容にしなければ意味がないです。

例えば「僕は毎朝すっきり定時に起きられる」と宣言する場合と、「僕は寝坊しないで会社に行く」宣言する場合では前者の"すっきり起きられる"というポジティブな方が圧倒的に良いです。

逆に"寝坊しない"というネガティブな部分と"会社に行く"という気持ちが高ぶらない部分を繰り替えすると逆に気持ちが追い込まれてしまうので注意が必要です。

 

具体的な例

以下のどれが最も目標に達成し易い言葉でしょうか。

  1. 株で毎日1万円儲けられるかな
  2. 株で毎日1万円儲けたい
  3. 株で毎日1万円儲けている

 3番の言葉の方が現在形で儲けている自分を想像できそうですね。

このように、具体的な言葉選びも大事になってきますが、実際に自分が選んだ言葉が本当に大丈夫か気になる方もいるのではないでしょうか?

そんな方は、以下の例文集のサイトがおすすめです。

アファメーション例文256個+α【お金・恋愛・人間関係・容姿など】 | スピリチュアルの虎

大量の例文があり、自分の理想に近しい例文が見つけられるのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は夢や目標を達成する手法としてアフォメーションを紹介しました。アフォメーションはスピリチュアルな方法として考えられがちですが、単純に考えればモチベーションアップ+イメージトレーニングの方法です。モチベーションアップを上げられる言葉を毎日繰り返すことでいつの間にかイメージトレーニングも兼ねるというだけです。

簡単な割に効果が高い方法として有名なので、皆さんもぜひ活用してみては如何でしょうか。

これからも、投資、節約、貯蓄、資格取得、成功法則など人生を豊かにする為の情報を配信していきたいと思いますので、気になった方は読者になって頂ければと思います。