孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

【節約】薬局で飲料を購入し、シールを集めて景品貰ってお得に過ごそう

節約と投資

 

お金があったら投資でもするのにと思っている人は多いのではないでしょうか?

投資に回すお金が無いと嘆いている人程こそ、節約をして投資の為のタネ銭を積み上げる事をおすすめします。

今日は筆者オススメの一石二鳥な節約術を紹介します。

 

 

薬局で飲料を買うとお得

知っている人は知っている情報なのですが、薬局の飲料や食品はスーパーよりも安いです。つまり、薬局の飲料はコンビニよりも圧倒的に安いです。

人間は毎日何かしらで水分を補給するものですが、あまり節約を意識しない人はコンビニで飲み物を買っている人が多い事でしょう。

少し節約意識の高い人はスーパーでペットボトルを買って、バッグに入れて会社で飲むという方法を取ることでしょう。

そして、より節約意識の高い人は薬局でペットボトルを買って節約をするのです。

もちろん、支払いはクレジットカードでです。

実経験として、500mℓのペットボトルは、コンビニで約120円程度で、スーパーで90円程度で薬局は70円~80円程度です。

ペットボトルの購入をコンビニから薬局に変えると約40円~50円程の節約になります。

これを1カ月(20営業日)換算すると、800円~1,000円の節約になります。

さらに年間計算に直すと9,600円~12,000円の節約になります。

もし、これだけのお金があれば、毎月1,000円ずつ積立で投資信託投資ができてしまうのです。

これを30年間続けたら節約額は36万円となり、毎月1,000円づつ30年間投資に回して年間利回り3%で運用できた場合には約58万円になります。

もし、58万円あったら海外旅行に行けてしまう金額になります。そう思うと毎日コツコツと節約する価値があるというものですね。

 

飲料に付いているシールを集めて景品を貰ってさらにお得に

どこかで聞いたことあるフレーズかも知れませんが、実際にシールを集めて景品と交換することは本当にお得なのです。

もちろん飲料メーカーが買ってもらうための戦略として実施していることは確かですが、それでも何もしないまま何も得られないより、お得に買ったペットボトルについてきたシールでトートバッグやマグカップやお皿を貰った方がよりお得なことは確かです。

仮に、応募で当たるか分からないキャンペーンだとしても、応募はがきに切手が不要ならば取り合えず出してみるだけでも損じゃないはずです。

応募はがきを出すのがめんどくさいと思う人もいるかも知れませんが、昼休みの10分か15分くらいでちょちょっと作成して、家までの帰り道に郵便ポストにちょちょっと投函するだけで良いのです。

このように、別にはがきの書き方も変にこだわらなくて良いのです。

そんなせこい事しないでもある程度稼いでいるから良いのだと思う人もいますが、そういう人に限って投資をしようとせず、小さい事の積み重ねを軽視して、最終的に浪費癖が付いてなかなかお金が貯まらないという傾向にあるので、少しずつできることからすることが大事です。

 

ちなみに、筆者は現在サントリーで実施中のペットボトルに付いてくるドラえもんシールを48枚集めて景品交換の為のハガキを出しました。このキャンペーンは、シールを集めてハガキを送れば必ず景品が貰えると言うのもで、景品はドラえもんの絵が描いてあるお皿となります。

筆者の子供がドラえもんにハマっているため、これで喜んで貰えたらと画策してます。

こんな感じで色々とお得に生活し続けるといつのまにか投資用の資金が貯まるというものですね。