孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

投資が怖い?資産運用を始めるための条件を30歳SEが考えた結果

3つのバランス

こんにちは。

ひすいです。

 

最近は積立NISAや確定拠出年金など投資応援制度が多く出来た事や、ネット証券会社が便利に投資出来る仕組みを提供していることで、素人の投資参入障壁が減ってきています。一方で、日本は学校で金融教育を行わず金融知識が低く、投資に対する危険なイメージが先行してしまいがちです。このことで、投資に対して消極的な人が多いように見受けられます。今回は、30歳SEの筆者が考えた資産運用を始められるようになるための条件を紹介したいと思います。

 

 

投資が怖い理由

投資が怖いと思う背景には一生懸命働いて、コツコツと貯めたお金を失う恐怖心があります。毎日コツコツと仕事や節約を頑張っている人ほど努力の成果を失う事はしたくないものです。逆にあまり頑張らずともお金を手に入れている人たちは、大金をどれだけリスクが高いか分からない事に投資することもあまり苦では無いはずです。

また、結果や出口が予想できないから投資が怖いと思うのでしょう。サラリーマンもいつリストラされるかは分からない訳ですが、日本の企業では法律上簡単にはリストラにできなかったり、会社の業績から当面は大丈夫そうだとかある程度の未来が見えているので安心できます。しかし、投資については学校で教わっていないし、経験もしていないからどうなるか不安になるのです。

【投資が怖い理由】

  • 失う怖さ
  • 分からない不安

 

資産運用を始める条件

では、どのような人ならば資産運用を始められるのでしょうか?答えは、お金に余裕のある人です。これを聞いて、「なぁ~んだ、結局金持ちしか資産運用出来ないんだ」と思わないで下さい。お金に余裕があると、お金持ちはNotイコールです。

なぜかと言うと、お金持ちというと貯金が数千万円あったり、年収数千万円の人がイメージしますが、お金に余裕がある人は貯金が数百万円や、年収が数百万円の人も対象となるからです。

どういう事かと言うと、自分の出費に対して収入の方が多い状態であり、突発的な支出にも耐えられるだけの貯蓄があれば、お金に対する目先の不安はなくなるはずです。

つまり、お金に対する不安がない=お金に余裕があるになります。

若干こじ付けのように感じる人もいるかも知れませんが、様々な投資ブログを見て、実際の人達のお金の相談に載ってこれが現実だと思いました。

筆者の考えるお金の余裕があるかどうかは以下です。

  • 自分の収入・支出・貯蓄の関係のバランスが取れているかどうか

お金に余裕のある人は収入>支出となり、次第に貯蓄>>収入>支出となります。逆に、お金に余裕のない人は収入≒支出となり、いつまでも貯蓄≒収入≒支出です。

 

では、資産運用を始める条件はどうなるかと言うと、収入・支出・貯蓄のバランスが取れている人な訳です。

 

収入・支出・貯蓄のバランスを取る方法

まずは、収入>支出とする必要がありますが、収入>支出になる方法は大きく2つです。一つは支出を減らす節約をする事です。二つ目は収入を増やす為に昇進、転職、副業をする事です。どちらが個人にとって楽であったり、効率的かと言う話はどちらでも良く、本人のやり方に合わせたら良いと思いますが、多くの人が今日から出来る簡単な方法は節約です。

収入>支出となったらば、貯蓄>>収入>支出を目指して計画的に貯蓄を増やします。一時的に支出が増えるタイミングがあるかも知れませんが、その都度、収入>支出となるように調整する事が大事です。

節約方法、貯蓄方法に関しては当サイトで情報配信していますので、参考にして貰えたらと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?資産運用を始める為の条件は参考になりましたでしょうか?

また、今回は投資が怖いと思う理由、資産運用を始める条件と収入・支出・貯蓄のバランスを取る方法について紹介しました。

なかなか投資が始められないと感じている方は、先ずは収入・支出・貯蓄のバランスを見直してみては如何でしょうか?