孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

WealthNaviは実は円建てではなく、ドル建ての投資だった

こんばんは。

ひすいです。

 

WealthNaviは円建てではなく、ドル建ての投資だったという事を始めて知りまして、実は国内の投信やETFへの投資とは異なり、為替の影響を大きく受ける投資手法なのだと分かりました。

 

WealthNaviの違和感

最初に違和感を覚えたのは、WealthNaviの公式サイトを確認していたら、「為替手数料0円」、「為替スプレッド0円」という記載を見てなぜ為替の話が入ってきているんだ?と思ったのです。

WealthNavi(ウェルスナビ) - ロボアドバイザー×国際分散投資で世界水準の資産運用

 

WealthNaviの口コミブログを参考に

そして、WealthNaviについて口コミをブログでしてくれている人がいたので内容を拝見させてもらったところ、WealthNaviは米国で上場しているETFを組み入れ対象としているとのことでした。

 

WealthNaviって実際どうなの?

そんな訳で、ドル建ての投資という事で少し敷居が高くなったような気がしたのですが、よくよく考えてみたら最近の投資ブログ界隈の流行は米国ETF投資だったなぁ~と思い、逆にWealthNaviに興味を持つのでした。。。

米国ETFは種類が多い、取引額も大きいと日本のETFより魅力的な点が多いので、投資先として検討していたのですが、わざわざ米国のETFに挑戦するよりもWealthNaviで投資した方が楽で良いのでは?と思っているのでした。

しかも、為替手数料もスプレッドもただみたいなので、意外にありなんじゃないかと考えているのです。

 

今後の投資について

WealthNaviのデメリットは歴史が浅いので、不祥事や急な倒産が心配であることと、もう少しWealthNaviについて理解が必要だなぁ~というところでありますが、投資手法の一つとして検討してもいいなぁ~と今回の調べから思ったのでした。