孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

【投資信託評価】三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

仮想化都市

政府は長期的な資産形成をNISAや確定拠出年金などの制度を作り国民に推奨しており、これからの時代は資産運用が益々重要になってきます。

長期的な資産形成を行っていく際に導入しやすい商品として投資信託があります。投資信託は株や不動産よりも分散投資がしやすく、最近の証券会社では自動的な毎月積み立てが当たり前に出来るため、時間的な分散投資もしやすい状況です。また、確定拠出年金や積み立てNISAの運用対象商品のほとんどは投資信託です。

しかし、投資信託の勉強を始めてもなかなかどのような商品に投資して良いのか分からないという方も多いと思い、ネットで優良という評価が多い投資信託を筆者が評価した内容を紹介したいと思います。

今回は、三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)というファンドを紹介していきます。

 

 

■基本情報

・買付手数料:なし

・信託報酬:年率0.2268%以内

・信託財産留保額:なし

・解約手数料:なし

・償還日:無期限

・純資産総額:8,195百万円(2018/1/23時点)

・ポートフォリオ:国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リート、先進国リートの8資産に12.5%ずつ均等配分されています。

f:id:hisuirai35:20171217125040p:plain

※基本情報はSBI証券を窓口とした場合を掲載しています。

 

■投資家から見るファンドの役割(ポジション)

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)はファンド名の通り、1ファンドで8資産に分散投資出来るため、自分でポートフォリオを組む事が難しい初心者投資家や投資に掛ける時間を極力少なくしたい投資家にとっては、おすすめのファンドです。

以前から販売されていたeMAXISシリーズのWeb申し込みオンリー版となり、以前のeMAXISシリーズの成績から安定した成長が見込めるファンドです。また、信託報酬もETF並みに安く、償還期限も無期限とされているため、長期投資に向いていると言えます。

ファンドの役割(ポジション)としては、バランス型で長期投資に向いているため、スパイス的なリスク商品に手を出す前に、しっかりと将来の資産とする為の商品となるでしょう。このため、資産形成する上で数年での商品変更などせず、20代~30代の方が老後資金として長期運用するような商品になるのではないでしょうか。

 

■投資難易度

eMAXISシリーズの実績がある事や信託報酬の低さやバランシングが多くの国やアセットクラスに分類されており、自分でリバランスをせずに済むため、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の投資難易度は低いです。初心者や時間の無いサラリーマンや子育てに忙しい主婦が毎月積み立てで数十年と投資する対象として良いと言えます。

 

■リスクとリターン

成長性は中の下と言ったところでしょう。理由としては、ファンド内のポートフォリオに含まれる株式比率が37.5%で、債券比率も37.5%となっており、あまり株式比率と債券比率が同等のため、成長性はそこまで高くはないでしょう。また、国別で見ると人口減少国である日本の比率が株式・債券・リート併せて37.5%と高めなため、日本の2020年以降の経済成長性の不透明感を考慮すると成長性が高いとは言えません。

ただ、世界経済全体としては長期的に成長していくという経済の基本的な概念が根底にあるため、成長性はあると言えます。※有名なトマピケティの法則も参考になります。

このため、成長性は中の下と判断しました。

リスクに関しては、世界中の国の様々なアセットクラスに投資しているため、ミドルリスクと判断しています。

結論としては、ミドルリスクミドルリターンな商品と判断しました。

ちなみに、以下はeMAXIS バランス(8資産均等型)のSBI証券で確認したリスク・リターン分析の内容です。リスクは中の下となっており、リターンは中といった感じですね。

f:id:hisuirai35:20180125015918p:plain

 

■積み立て前にしっておくべき事

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は8資産に均等配分されていますが、国別にみると日本の比率が37.5%と高めとなっています。このため、37.5%は日本の経済状況に左右される事を理解しておく必要があります。

ただ、多くの日本人は生涯を日本国内で過ごすこととなるので、本ファンドの状況と日本の経済状況を考慮して資産状況を把握できると言えます。つまり、よく分からないけど、評価額が大きく目減りしているという状況が軽減できると考えられます。

 

■比較対象

今後掲載予定

 

■オススメ度

オススメ度は5段階で4です。全体としてはバランス型としてある程度バランシングされていて、信託報酬も安く、eMAXISシリーズの実績もあるので良いのですが、ポートフォリオの内の株式・債券・リート含め日本の割合が高い事が少しキズなので4と言う評価にしました。ただ、現在の日本の投資信託市場においてはかなり優秀な投信ではあると思いますし、実際に筆者も毎月積み立て買付をしている商品となります。

筆者の投資状況を知りたい方は以下をご覧ください。

www.wealthy-hisui.com

 

■まとめ

いかがでしたか?三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)がどのようなファンドか少しは参考になりましたでしょうか。eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)はオススメ4と優秀な投資信託なので、長期投資を検討中の方は検討してみても良いのではないでしょうか。

ちなみに、積み立てNISAに関しては同一商品の買い付けが可能ですが、確定拠出年金をご検討の方でeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)のような商品を検討の方は、eMAXISの類似商品として三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード)というものがあります。こちらは、株式比率が少し高めの商品ではありますが、株式、債券、REITにある程度バランスよく投資するという点では類似性があるので、検討してみても良いのではないでしょうか。

 

■併せて読みたい記事

筆者が投資信託を学習する差に様々な書籍を読んできましたが、その中でも勉強するのに良かったと感じた書籍をランキングにしていますので、こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

www.wealthy-hisui.com

www.wealthy-hisui.com