孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

ESG投資とGPIFの関係とブルームバーグが提供する分析ツール

森林(環境)

投資の種類には、成長株投資や割安株投資や株主優待株投資など様々な種類があります。それぞれの投資方法を勉強し理解する事は、より投資成果を高める為には必要不可欠です。今回はESG投資(SRI投資と呼ばれる事もある)について紹介していきます。また、ESG投資とGPIFの関係性やブルームバーグが提供しているESGのデータ・分析・ニュース検索のツールについても紹介していきます。

 

 

ESG投資とは

環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)を通じて社会的存在としての企業の価値を探り投資活動がESG投資です。ESG投資では、これまでの財務分析一辺倒の投資スタイルから、企業の社会的存在も投資先判断の評価指標に加わります。ESG投資の考え方は、企業の社会的責任を全う出来ないという不祥事を回避するというリスク低減的な考え方が強く、高リターンを狙う投資手法とは言い難いです。しかし、東京電力の福島第一原子力発電所事故のような環境問題や、東芝の不正会計問題や、電通の過労問題など日本企業の様々な問題が露呈してきており、今後はよりESG投資が意識されるのではないでしょうか。 

SRI投資との違いは

 ちなみに、ESG投資と似た言葉として、SRI(Socially responsible investment)投資と呼ばれる投資手法があります。SRI投資は、企業の社会的責任の状況を考慮して投資する手法です。このため、ESG投資はSRI投資に包含されている関係になり、ESG投資=SRI投資と言っても過言ではありません。SRI投資の中でも環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)が最近になって注目されるようになりESGと別名を付けたのです。

 

CSV経営

これからの企業に求められるものとしてCSV経営があります。CSV(Creating Shared Value)とは、「経済価値と社会価値の向上」をコンセプトにし、営利企業が収益性を確保しながらも社会ニーズ(社会課題の解決)に対応し社会的な価値を生み出していく経営の事です。一般的には企業のCSRに関する情報として開示されていたりします。

先ほどのESG投資やSRI投資では、このようなCSV経営にもしっかりと力を入れている企業に投資する事が一つのポイントとなります。

 

GPIFとESG投資の関係

皆さんの年金を管理している政府機関としてGPIF(Government Pension Investment Fund)が存在します。GPIFは厚生労働省所管の独立行政法人で、日本の公的年金のうち、厚生年金と国民年金の積立金の管理・運用を行っています。GPIFの運用資金は132兆751億円(平成28年度第2四半期末現在)と、非常に大きな額を運用しており、GPIFの運用方針が与える影響は非常に大きなものとなっています。

GPIFは、運用を受託する金融機関にESGを考慮して投資するよう求めています。このため、実質的にGPIFはESGを考慮した投資を行っていると言っても過言ではありません。

ESG投資 | 年金積立金管理運用独立行政法人

 

ブルームバーグの分析機能

ESG投資は手法として確立できておらず、多くの調査機関で情報の取得と分析を行っている段階です。経済・金融情報の配信する米国の大手総合情報サービス会社のブルームバーグのブルームバーグ プロフェッショナル® サービスで提供されているESG投資の為の強力なツールを紹介します。

二酸化炭素排出量、エネルギーや水の消費量、安全対策、サプライチェーン、取締役会の構造、役員報酬に関するデータを閲覧可能です。また、ESGスコアに特定の指標を組み合わせて、企業のパフォーマンスを比較することもできます。業種・テーマ別の独自ESGリサーチとして、ESG関連リスクと機会に起因する投資影響を確認する事が出来ます。このように、ブルームバーグの分析機能は多彩な機能を提供しています。

ただ、ブルームバーグのESG分析機能は米国企業をメインとした分析機能である点に注意が必要です。

https://data.bloomberglp.com/professional/sites/12/2017/05/ESG_fact_sheet1.pdf

 

まとめ

如何でしたか?これからは企業の財務分析だけではなく、ESGを考慮した投資を行うことでより安定した投資成果が期待できることをお伝えしました。

また、ESGは長期投資が主流となるGPIFも意識するデータですので、長期的な投資で成果を上げるためにはESGの理解は必要不可欠となるでしょう。

 

参考になる書籍