孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

日経225でETFと投資信託の信託報酬比較

こんにちは。

ひすいです。

 

最近は投資信託で資産運用するよりもETFで資産運用する人が多いのではないでしょうか?ETFは信託報酬が投資信託よりも低く設定される場合が多い為、長期資産運用を検討しているならば投資信託よりもETFの方が効率的に資産運用出来ると考えられているからです。

そこで、今回は実際に日経225に連動する投資信託ETFの信託報酬の比較をしてみました。

 

 

日経225指数連動型投資信託

まずは、日経225指数に連動する投資信託の信託報酬を確認しました。

今回はSBI証券投資信託のパワーサーチを利用し、条件として"日経225"を含み、買付手数料無料で信託報酬が0.54%以下で償還までが無期限でインデックス型を選択しました。

結果の中から信託報酬の低い順に上位3つを確認しました。

結果としては、上位3ファンドとも信託報酬0.1836%でした。

f:id:hisuirai35:20171228150638p:plain

 

日経225指数連動ETF

では、国内のETFで日経225関連ETFを確認していきます。

ETF投資信託同様にSBI証券で検索したところ7銘柄確認出来ました。

f:id:hisuirai35:20171228151320p:plain

ETFの信託報酬に関してはSBI証券のWebサイト上では確認出来なかったので、直接各銘柄をGoogle検索し、各銘柄の交付目論見書を確認しました。

結果としては最も信託報酬の低いETFで0.1134%で高いものでは0.343%となりました。

ETFと信託報酬の比較はExcelでまとめてみました。

f:id:hisuirai35:20171228235136p:plain

 

 

国内ETF投資信託を比較してみた結果

国内ETF最安信託報酬:0.1134%

国内投資信託最安信託報酬:0.1836%

 

結果:最安信託報酬同士を比較した場合投資信託よりETFが0.0702%低い

 

注意点

ETF7銘柄の内、投資信託より信託報酬が低い銘柄は4名がらで1銘柄は信託報酬は同点で、残り2銘柄のETFは最安信託報酬の投資信託よりも高い信託報酬でした。

また、投資信託よりも高い信託報酬であった銘柄の内1銘柄は日経225のETFの中で最も出来高が高い銘柄でした。

このことから、単純にETF投資信託よりも信託報酬が安く良い投資商品であるとは言い難い結果となりました。

 

まとめ

日経225指数に連動する商品の信託報酬の低さだけを比較した結果、投資信託よりもETFの方が低い結果でした。このため、ファンドが償還されない限りETFの方が長期的に低コストで運用出来る事になります。

しかし、日経225指数に連動するETFの中で最も出来高が多い「日経225連動型上場投資信託」は投資信託よりも信託報酬が高い結果となりました。

このため、ETFで投資をする場合でも全ての商品が投資信託よりも信託報酬が低くなる訳でなはない事を念頭において投資対象を選択していくことが必要だと分かりました。