孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

【投資初心者必見】現行NISAより積立NISAをおすすめする理由とは?

NISA、ジュニアNISA、積立NISA、確定拠出年金と様々な投資を推奨する制度が出来ており、政府も国民に投資をして安定した老後の為の資金を作ってほしいと考えているのではないでしょうか。

皆様は投資を始めていますか?まだの人も今から始めてみるのも遅くないのではないでしょうか。また、様々な制度が出来てこれから投資を始める人も多いのではないでしょうか。今回は現行NISAより2018年から開始された積立NISA の方が初心者におすすめの理由を紹介していきます。

 

 

現行NISAと積立NISAはどっちが初心者に向いているのか?

株初心者がNISAを始める際に積立NISAと現行NISAを選ぶならばどちらかという疑問に対して、結論から言うと、圧倒的に積立NISAが向いています。

 

投資初心者には現行NISAより積立NISAをおすすめする理由とは?

現行NISAは購入した株や投資信託やETFを非課税で売却できる期間が最大5年のため、最近流行りのETFの積み立てや長期成長が見込める優良企業の株も5年後には一度利益確定するという話になってきてしまいます。

一方で、積立NISAであれば最大20年間の非課税期間があるので、長期投資が現行NISAよりもしやすいことになります。

また、現行NISAは非課税枠は120万円ですが、積立NISAは40万円です。投資初心者が扱う額としては、いきなり120万円も運用するよりも少額から始めた方がしっかりと銘柄選定するモチベーションになりやすいと思うので、積立NISAの方が初心者向きと言えます。

 

現行NISAはどんな人が使うのか?

ある程度資金力とある程度の投資経験を持つ人が最大120万円の非課税枠を利用して投資する事が予想されます。例えば株式投資で毎年50%以上の利益を出している人利用するならば、非課税枠40万円の積立NISAよりも非課税枠120万円の現行NISAを利用する方が非課税対象額が多くなるでしょう。

 

積立NISAでどんな株や投資信託を買えば良いのか?

まず、積立NISAという名前の通り積み立て投資をするための制度なので、長期的に価格が上昇する事が良そうできる銘柄にしたいです。

このため、個別株よりもETFや投資信託のような様々な株や債券や国を対象としている銘柄を選択した方が初心者には安全と言えます。

また、ETFや投資信託の中でもどのような銘柄が良いのかというと、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』のような多くの国を対象としており、実績のある投資対象を選定しているような銘柄が良いのではないでしょうか。

または、『三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』のような株式以外にも各国の債券やREIT(不動産)も投資対象としている銘柄も初心者には向いているのではないでしょうか。

 

まとめ

如何でしたか?

現行NISAよりも積立NISAがおすすめな理由を紹介しました。

これで、これから投資を始める際に現行NISAか積立NISAにしようか迷わずに済みますね。

これからも、筆者が様々な書籍や雑誌やWebから得た投資の役立ち情報を配信していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

併せて読みたい記事

www.wealthy-hisui.com