孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSEひすいの高配当割安優待株投資

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

積立NISA

【投資信託評価】楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド

政府は長期的な資産形成をNISAや確定拠出年金などの制度を作り国民に推奨しており、これからの時代は資産運用が益々重要になってきます。 長期的な資産形成を行っていく際に導入しやすい商品として投資信託があります。投資信託は株や不動産よりも分散投資が…

積立NISAで陥る意外な失敗とは?

今年に入ってから始まった積立NISAですが、積立NISAで投資を始めてみようと考える方も多いのではないでしょうか?積立NISAは投資期間や非課税枠が少額という事もあり、比較的投資歴が短い投資初心者にも低リスクに資産運用をする為の制度とも考えられていま…

【投資初心者必見】現行NISAより積立NISAをおすすめする理由とは?

NISA、ジュニアNISA、積立NISA、確定拠出年金と様々な投資を推奨する制度が出来ており、政府も国民に投資をして安定した老後の為の資金を作ってほしいと考えているのではないでしょうか。 皆様は投資を始めていますか?まだの人も今から始めてみるのも遅くな…

積立NISAとiDeCoを併用して使おう!

遂に開始された積立NISAですが、すでに開始されているiDeCoとの併用が出来るのでは?と注目を集めています。果たして積立NISAとiDeCoとの相性はどうなのでしょうか?今回はそんな皆さんの疑問に答えていきたいと思います。また、積立NISAとiDeCoを知らない方…

積立NISAの対象となっているETFの特徴とは

積立NISAの投資対象は、従来の一般NISAより絞られているのが特徴です。対象商品の多くは長期投資や分散投資に向いたインデックス型の投資信託となっていますが、ETF(上場投資信託)も一部含まれています。一般的な投資信託とETFにはどのような違いがあるの…

積立NISAの銘柄を紹介

2018年1月から開始される積立NISAですが、どんな銘柄を取り扱っているのか気になりますよね。現時点で取引できる銘柄は124本となっています。どれも厳しい審査をくぐり抜けてきた銘柄ですので、安心してご利用頂けますよ。今回は積立NISAで銘柄を購入する際…

楽天証券で積立NISA口座を開設するメリットとは?

積立NISAを始める上で重要となるのが、口座を開設する金融機関の選び方です。NISA口座は1人1つしか開設することができないため、長期的にも利用しやすい証券会社や銀行を選ぶことがポイントとなります。今回は楽天証券で積立NISA口座を開設するメリットなど…

金融庁が策定した積立NISAの対象基準とは?

積立NISAはあらゆる投資に活用できるというわけではなく、金融庁の基準に適合した投資信託(ファンド)やETFのみが投資対象となっているのが特徴です。この金融庁による投資対象の絞込には、どのような基準やメリットがあるのでしょうか。種類別の適合条件な…

積立NISAを始めるならSBI証券 が便利でオススメ

2018年1月から新しく開始される積立NISA。ネット証券で有名なSBI証券でも口座を開設することができます。今回はSBI証券で積立NISAの口座を開設するメリットなどについてご紹介します。 積立NISAの特徴とは 積立NISAとは、2018年から新たに開始される少額投資…

積立NISAはいつから開始される?

皆さん、つみたてNISA(積立NISA)が近いうちに開始されるのはご存知でしょうか?中には「つみたてNISA?なにそれ、おいしいの?」とNISAの存在自体知らない人もいらっしゃると思います。そんな方でも分かるようにつみたてNISAの魅了を紹介していきます。知…

積立NISAにおすすめの商品

積立NISAの商品はいろいろ種類があって、どれを購入したら良いのか正直分かりづらいですよね。そんな方のために、私がおすすめする積立NISAの商品を紹介していきます。色んなタイプの商品がありますので、自分にあったものを探してみてくださいね。 楽天・全…

積立NISAはいままでと何が違うの?

2018年から開始されるNISAの新しい制度「積立NISA」。投資で得た利益を非課税で受け取れるというメリットは共通していますが、これまでのNISAとはいったいどのような違いがあるのでしょうか。積立NISAが作られることになった背景などとともにご説明します。 …

これを買うべき!積立nisaのおすすめ商品一覧

金融庁が2017年11月28日に発表したデータによると、積立NISAで選べる投資信託先は全部で124本あります。「長期の資産運用に耐えうるものか」「投資の初心者でも出来るようなものか」といった観点から厳選された信託先です。ひとつの商品に複数の銘柄が盛り込…