孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSEひすいの高配当割安優待株投資

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

【投資原則】X×Y=72(72の法則)

投資法則

 

 

X×Y=72(72の法則)とは

投資において最大のメリットとも言える複利を考慮した投資年数と投資利回りの関係性を表した公式(法則)です。

X:投資期間

Y:投資利回り

この公式が意味するところは、X×Y=72が成り立つ場合に投資元本が2倍になると言う事を意味します。

つまり、投資元本を2倍にする場合の目標投資期間の為に必要な投資利回りを算出する場合や投資元本を2倍にする場合に現在の投資利回りならば何年で2倍になるか知る際に利用します。

 

資産を10年で2倍にしたい場合

投資期間であるX=10となり、

公式に当てはめると、10×Y=72で、

Y(投資利回り)=72÷10=7.2%

となります。

つまり、10年で資産総額2倍にするには年率7.2%で資産運用する必要があります。

もし、現在の年間の利回りが7.2%ならば、10年で資産が2倍になる予想が立ちますし、これから資産を2倍にしようと考えているならば年率7.2%を継続して出せる投資手法を探し出すか、確立していかなくてはなりません。

 

筆者的、投資手法利回り目安

ここからは、一般論ではなく筆者がこれまで調査してきた内容や経験からなんとなくこんなもんだろうと思う平均利回りの紹介となります。

もし、本サイトの情報を参考にしても、投資判断は必ず自己責任でお願いします。

 

  • 長期インデックス積立投資:3%〜7%
  • 長期割安株投資:5%〜20%
  • 長期成長株投資:10%〜
  • 短期トレード:マイナス無限〜無限

 

筆者の見解としては、高い利回りを出す方法程、高度な知識や技術が伴う印象です。

一方で、利回りが下がる程、投資家に必要な能力が少なくて済むと感じています。

一つ例を出すと、現在テレビCMにも出てくるようになったwealtnaviは上記の投資種別に分けると、長期のインデックス積立投資に値します。wealtnaviは数分の質問に答えて、ポチポチと個人情報を入れて、後は入金するだけで出来てしまいます。しかし、今年の3月から始めた筆者ですら数ヶ月で4%程度の含み利益が出ています。

長期インデックス積立投資は、利回りはそこまで高く無いですが、投資の王道とも言える長期・積立・分散だけ気をつければよく非常に簡単です。

一方で、同じ長期投資でも成長株投資だと財務やトレンド、時価総額やチャートなど様々な事を考慮していかなければならないと考えています。

また、短期トレードはチャート分析だけでなく、板に張り付いてトレードを専業としてしないとなかなか成果がでないイメージです。

そんな訳で、投資利回りと投資難易度はトレードオフの関係だと思いますので、どのように投資していくかは最初に投資本をしっかりと読みよくよく考えてから行動に移すと良いと思います。