孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSEひすいの高配当割安優待株投資

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

LPIC303合格しました。

こんばんは。

ひすいです。

 

 本日、14:00頃にLPIC303-200を受験してきました。

結果は"合格"でした。f:id:hisuirai35:20170318235246p:plain

 ========================

スコア 630

========================

セクション毎の正解率

暗号化:70%

ホストセキュリティ:81%

アクセス制御:70%

ネットワークセキュリティ:94%

========================

 

今回は、虎の巻からばっちり出たので、余裕で合格でした。

これで、僕もようやくLPICシリーズコンプリートしました。

いやー長かった。。。ちなみに、点数が低いのはわざとです。

今回の教訓で、前回の点数が高すぎると虎の巻以外の問題が出やすいという状況だったので、全て回答終わった後にわざと数問間違えを選択しました。

 

 

◎それはそうと、LPIC303受験予定の方の為に、個人的な受かる秘訣?をまとめました。

 参考になれば幸いです。

 

【前提条件】

■虎の巻利用者

 →毎試験700点台後半の人

多くのLPIC受験者は所謂、虎の巻と呼ばれる、これさえ丸暗記しとけば合格確実!!なんてものを数日掛けて丸暗記するのだと思います。そして、そういう人達を今回は条件としています。

 

 【推測】

■前回LPI試験高得点者:虎の巻以外

■前回LPI試験ギリギリの人:虎の巻

■2回目303受験者:前回と別パターン

ここからは、完全に推測ですが、前回LPIの試験で高得点を取得している人は1回目303受験するときには虎の巻にない問題が当たる気がします。

僕の周りがそうでした。そして、500点台ぎりぎりで受かるような人(一夜漬けで突撃する人)は1回目でも虎の巻から出るように思えました。

そして、ここがミソなのですが、1回目虎の巻外で落ちて2回目受験の際は虎の巻から出る。

これは、僕含めて数人の受験仲間全員が同一パターンだったので、かなり高い確度の推測だと思います。

※何か判定基準みたいなのが出来たのでしょうか?

 

 【秘訣】

■2回受験する

 ※全然秘訣じゃないですが。。。

上記の推測から、前回受験で高得点出してしまっている人は、残念ながら1回目受験はかなーーり勉強しないと受からないと思います。ちなみに、上記の推測を他の人から聞いていてそこそこ勉強したつもりで受験しましたが、前回の結果だったので、受かろうと思ったらガチ勉しないと厳しいでしょう。

http://hisuirai.hateblo.jp/entry/2017/03/11/164110

そして、もし受験料は全額会社負担ならば2回受験が無難だと思います。

全額実費負担の人は残念ながら秘訣はありません。今は虎の巻が最新化されるのを待つしかありません。

 

【総論】

LPIC303は分野がセキュリティなだけあって、ちゃんと勉強して受かりましょうねと言うLPIからの暗黙のお告げを感じ取りました。

また、303以外の300や304も今後は虎の巻的なのも流通しなくなるかも知れませんね。

そうなってもしっかりと合格出来るように、常日頃から勉強する事が技術者として大事なのでしょう。

 

※ちなみに、「虎の巻なんの事?」と思う方はご自身でお調べください。

※追記:虎の巻に関してお問い合わせを頂きましたので、こちらにて回答させて頂きます。筆者が虎の巻と呼ぶものはヤフオクで"lpic303 合格"と検索すれば出てくる問題集の事です。または、クラムメディアと呼ばれる試験販売サイトで販売されている問題集の事です。筆者はどちらも利用したことがありますが、個人的にどちらも精度的に大差ないように思います。気になる方は個人のお財布事情と相談し、高額な方にするか、またはどちらも買うか、他の受験者とカンパするか検討すると良いと思います。

ちなみに、いつも筆者はほかの受験者と割り勘しかしてません。

 

全体的に学習したい人は以下の書籍が良かったです。