孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSEひすいの高配当割安優待株投資

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

2019年4月第2週 相場観測

株のトレードにおいて、中長期的な相場の流れを理解することは、スイングトレードや中期的な株の売買で相場の波に乗ることで利益が上げやすくなり、反対に相場の波に逆らうような取引を避けやすくなるため、株式トレードで利益をあげる為には重要な事です。

株式相場の全体的な流れを把握するために、本ブログでは米国の主要株式指数であるNYダウと国内の主要株式指数のTOPIXのトレンドとテクニカル的な観測をしていきます。

それでは、2019年4月の第2週の相場観測です。

 

S&P500

長期トレンド(10年間チャート)

f:id:hisuirai35:20190413082552p:plain

S&P500の10年間の月足チャートを見てみます。

現在も継続して上昇トレンドです。単純移動平均(25)を割り込んだタイミングは押し目買いのタイミングっぽいです。

MACDを見てみると、MACDとシグナルのゴールデンクロスは買いシグナルなのかどうか判断が難しい感じがします。

 

中長期トレンド(3年間チャート)

f:id:hisuirai35:20190413083135p:plain

2016年7月~2018年9月くらいまでは単純移動平均(25)と(75)は右上方向を向いており、上昇トレンドが続いているように見えます。

単純移動平均(25)と(75)でデッドクロスしていましたが、もう少ししたら再度ゴールデンクロスするのではないかと予想される動きに動きになってきました。

MACD

f:id:hisuirai35:20190413083512p:plain

https://kabutan.jp/stock/chart?code=1557

S&P500のMACDを株探で見てみました。

MACDは綺麗な上昇を続けていますが、先週に引き続きMACDとシグナルの差が大きくなりすぎてきているので、そろそろ相場が変わってもおかしくないと考えられます。

移動平均線乖離率

f:id:hisuirai35:20190413083633p:plain

https://kabutan.jp/stock/chart?code=1557

S&P500の移動平均線乖離率を株探で見てみました。

平均値的には0付近のように見えます。大体±10を超えると割高・割安になっているようにみえます。ここ3年の値下がりポイントとしてはだいたい乖離率が+7%を超えた後に下落しているように見えます。もう少し乖離率が大きくなるようならば、値下がりを警戒した方が良いかもと思います。

年間トレンド(1年間チャート)

f:id:hisuirai35:20190413084145p:plain

S&P500の日足チャート1年間チャートを見てみます。

ボックス相場を上抜けやはり上昇トレンドだったのだと再確認する展開になりました。

MACD

f:id:hisuirai35:20190413084253p:plain

https://kabutan.jp/stock/chart?code=1557

S&P500のMACDを株探で見てみました。

年間の日足チャートベースでは、MACDの流れはうねうねしていてはっきりとした判断が難しい状況です。ただ、短期視点ではやはりMACDとシグナルのゴールデンクロス・デッドクロスはしっかり機能しているように見えます。

来週はもしかしたら、再上昇するかも知れませんね。

ただ、週足の移動平均線乖離率が高いこともあり、上昇しても来週末か再来週には下落する可能性を考慮して取引が必要と感じます。

移動平均線乖離率

f:id:hisuirai35:20190413084556p:plain

https://kabutan.jp/stock/chart?code=1557

S&P500の移動平均線乖離率を株探で見てみました。

平均値的には0付近のように見えます。大体±5を超えると割高・割安になっているようにみえます。

現状は2.42%と平均的値よりも少しだけ割高な値ですが、警戒するレベルには思えないという状況です。