孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSEひすいの高配当割安優待株投資

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

J-REIT市況と投資姿勢

マンション

こんばんは。

ひすいです。

 

最近J-REITの分配金利回りが高いという事で、実際にJ-REITってどうなのかと検討してみました。

 

 

 

■投資の基本的な考え方

まずは、J-REITも投資なので投資で儲かる事を整理しておきます。

投資で利益を出すには、出口戦略が立て易いことが大事です。つまり、儲かる事が予想し易い対象を選ぶ事です。

一般的に長期的に値上がりが期待できる銘柄や長期的に配当収益が安定している銘柄が儲かる事が予想し易い対象となります。

 

■J-REITは投資に値するのか?

 

・将来予想的な判断

将来的には人口減に伴う不動産の競争激化で住宅は収益の低下(配当の減配)、ホテル・商業施設は地方は厳しく、都心は横ばいと予想しているので、全体として少し魅力に欠けると判断しています。

 

・指数的な判断

[nav倍率]

少し割安で、企業の株に割高感が出ている今の状況では相対的に割安感がある。

個別のJ-REITのnav倍率は以下のサイトで確認できます。

http://www.japan-reit.com/sp/list/rimawari/

 

[配当利回り]

高いところで6%前後の利回りが出ているのは非常に魅力的です。

配当利回りも以下のサイトが参考になります。

http://www.japan-reit.com/sp/list/rimawari/

 

・総合判断

日本の人口減少と言う大きな足枷はあるので、長期保有する場合は、景気を確認しつつ保有すると言うのが良いと考えられます。

ただ、直近の2020年までは配当利回りの高さは維持される事が予想出来るので、中長期的な投資ならありかと考えています。

 

■まとめ

J-REITの投資に対する姿勢としてはニュートラルで積極的に買いとも言い切れず、売りとも言い難いと言ったところだと思います。

ただ、配当利回りの高さは非常に魅力的な事は変わらないので、長期的に安定した成績が出せそうな銘柄があったら少額投資したいところです。