孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSEひすいの高配当割安優待株投資

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

【投資信託評価】三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

先進国ファンド

政府は長期的な資産形成をNISAや確定拠出年金などの制度を作り国民に推奨しており、これからの時代は資産運用が益々重要になってきます。

長期的な資産形成を行っていく際に導入しやすい商品として投資信託があります。投資信託は株や不動産よりも分散投資がしやすく、最近の証券会社では自動的な毎月積み立てが当たり前に出来るため、時間的な分散投資もしやすい状況です。また、確定拠出年金や積み立てNISAの運用対象商品のほとんどは投資信託です。

しかし、投資信託の勉強を始めてもなかなかどのような商品に投資して良いのか分からないという方も多いと思い、ネットで優良という評価が多い投資信託を筆者が評価した内容を紹介したいと思います。

今回は、三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックスというファンドを紹介していきます。

 

 

基本情報

  • 買付手数料:なし
  • 信託報酬:年率0.11826%以内(2018/7/18時点)
  • 信託財産留保額:なし
  • 解約手数料:なし
  • 償還日:無期限
  • 純資産総額:16,638百万円(2018/7/18時点)
  • 分類:インデックス型
  • 連動指数:MSCIコクサイ インデックス(円換算ベース)

※SBI証券参考

ポートフォリオは以下のようになっています。主に、米国を主流とした先進国株式を対象としています。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックスポートフォリオ

ポートフォリオは連想指数のMSCIコクサイインデックス(円)に連動するように運用されており、MSCIコクサイインデックスはグローバル投資の際のベンチマークとして最も有名な指数となります。

 

投資家から見るファンドの役割(ポジション)

主として資産成長の役割です。

理由としては、先進国株式のみを対象としたファンドなので、インフレヘッジ・インカムとしての機能はないからです。

また、補足的に主要な先進国株式に投資するため、リスク分散の役割もあります。

ただ、世界全体の時価総額ランキング2位の日本の株式は入っていないため、より分散投資を気にしたい方は、国内株式の指数連動型投信も組み入れると良いでしょう。

 

投資難易度

難易度は5段階中3です。

理由としては、MSCIコクサイインデックス(円)という有名指数に連動し、主要な先進国株式に分散投資されるからです。一方で、分散投資の観点では先進国株式でも日本が入っていない点と、債券やREITが含まれていない点からその他のポートフォリオを独自に組む必要があるという点で難易度を少し上げました。

加えて、MSCIコクサイインデックス(円)に連動する類似ファンドは複数存在するため、しっかりとどのファンドを選ぶか自分で判断できる必要もあります。

 

危険性(リスク)と成長性(リターン)

以下の図は、三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックスのリスクとリターンの関係性を表した図となります。

本ファンドは国際株式に位置するファンドのため、ミドルリスク・ミドルリターンとなるファンドになります。

ただ、以下の図を見るとより低リスクの国内REITや国内株式よりもリターンが低い位置付けになっています。

ただ、国際株式投資はミドルリスクミドルリターンの投資の中では分散投資(リスク分散)の意味合いが意味合いが強く、国内が不景気でも、世界中の株式でリスクを分散出来るので投資する価値は十分にあります。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス_リスク・リターン

 

おすすめ投資層

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは日本を除く先進国株式オンリーの投資となるので、ボラティリティが高くても投資可能年数が多い、数十年単位で投資できる20代~30代のような若い世代におすすめのファンドです。

逆に50代以上の方がこれから本ファンドを買付する場合は、暴落が発生した際にプラス転換されるまで数年以上掛かっても大丈夫な資金で投資する方が良いです。つまり、高齢の方ほど、投資余剰資金が豊富な人向けとなります。

 

おすすめ度

おすすめ度は5段階中3です。

まず良い点としては、信託報酬が低く、先進国株式の指数として有名なMSCIコクサイインデックス(円)に連動するインデックスファンドでポートフォリオに組み入れるならば、良いファンドとなります。

一方で、最近は信託報酬が低く全世界の株式に連動するファンドやバランス型のファンドも存在するため、非常に小さな信託報酬の差を気にするのでなければ、わざわざ組み入れなくても良いとも考えられます。

トータル的に考えた結果、おすすめ度を3にしました。

 

まとめ

いかがでしたか?三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックスがどのようなファンドか少しは参考になりましたでしょうか。三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは先進国株式に特化したファンドのため、ポートフォリオを組む際には利用を検討してみても良いかも知れません。

 

併せて読みたい記事

www.wealthy-hisui.com

www.wealthy-hisui.com

www.wealthy-hisui.com