孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

孤独なSEひすいの高配当割安優待株投資

ひすいが本気で富裕層になるまでの過程を記すサイトです。主に株式投資、投資信託、節約、貯蓄、資格取得、成功法則に関して投稿しています。

スポンサーリンク

積立NISAはいつから開始される?

f:id:hisuirai35:20171227155043j:plain

皆さん、つみたてNISA(積立NISA)が近いうちに開始されるのはご存知でしょうか?中には「つみたてNISA?なにそれ、おいしいの?」とNISAの存在自体知らない人もいらっしゃると思います。そんな方でも分かるようにつみたてNISAの魅了を紹介していきます。知っているのと知らないでは人生に大きな差が出てきますよ。いや、本当に…。積立などと聞くと難しいように感じるかもしれませんが、慣れれば意外と簡単だったりします。つみたてNISAはまだ始まっていないので、今のうちに知識をつけてインテリを気取りましょう。

 

 

つみたてNISAとは

つみたてNISAは、現行NISAのつみたて版です。将来のため、少額でも積み立てておきたいユーザーに向けて設定されました。通常ですと利益が出た場合、利益から20%ほど差し引かれ、税金として盗られていきますが、つみたてNISAで投資しておくと、20%分の税金が盗られなくて済むんです。例えば、10万円の利益が出たとします。通常ですと10万円の20%、2万円を税金として盗られます。お金を溝に捨てるようなものです。しかし、つみたてNISAだと非課税なので、1円たりとも溝に捨てなくて良いんですよ。嘘じゃないですよ、本当です。ただ、条件があって税金がかからない金額は年間で40万円までとなります。年間40万円を超えてしまうと、当然税金を払わなくてはいけません。また、非課税で運用できる期間は20年間になります。つまり、つみたてNISAでは最大800万円まで非課税の対象になります。800万円は凄いですよね。やっぱりコツコツ貯めるのが一番ですね。

 

 

f:id:hisuirai35:20171227155057j:plain

つみたてNISAと現行NISAの違い

「つみたてNISAと現行NISAの違いって何?」と思っている方も多いと思います。ここでは、つみたてNISAと現行NISAの違いを比較していきます。まずは年間投資可能額。年間投資可能額とは、税金が非課税になる上限のことです。つみたてNISAの場合は、さきほど説明した通り40万円が上限になります。それに対して、現行NISAの場合は120万円まで非課税の対象となります。次に非課税で運用できる期間ですが、つみたてNISAの場合は20年間。現行NISAの場合は5年間になります。ただ現行NISAの場合、5年間と行っても「ロールオーバー」を利用すれば、最大で10年間非課税の対象になります。ロールオーバー?…ロールおばさん?はい、全然違います。ロールオーバーとは、金融用語で「乗り換え」を意味します。運用していた資金を決められた期限で一旦決済し、その後に再度運用し直すことをいいます。現行NISAの期限は5年間ですので、運用し始めてから5年後の最終日に決済し、再度運用し直す必要があります。別にロールオーバーを活用するかは本人の自由ですので決められますが、ほとんどの方がロールオーバーを利用して引き続き現行NISAを運用しています。

 

 

つみたてNISAは開始時期

ここで、気になるつみたてNISAの開始時期ですが、2018年1月から開始されます。また、口座開設手続きは2017年10月からですので、すでに口座開設の手続きを済ましている方たちもいます。まだ、口座開設していない方は乗り遅れないように早めに申し込みましょう。ちなみに、つみたてNISAを利用するには証券口座も必要になリますので、把握しておいてください。いまならSBI証券カブドットコム証券、GMOクリック証券などがキャンペーンをしていますので利用してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

つみたてNISAのデメリット

ここまでは、つみたてNISAの良い面ばかりお伝えしてきましたが、ここではデメリットについて紹介していきます。と言ってもそこまでデメリットは無いのですが…。まずは年間の投資額ですが、つみたてNISAの上限が40万円に対して、現行NISAの上限は120万円ですので3分の1になります。ただ長い期間で考えた場合は、つみたてNISAが最大800万円に対して、現行NISAは最大600万円になりますので節税効果で見ると、つみたてNISAの方が高いです。これは好みの問題ですね。次は投資対象についてです。現行NISAの場合は、上場株式など幅広く投資できるのに対して、つみたてNISAの場合は投資対象が限られて、長期的な商品のみの投資となります。ですので、どんどん投資したいと考えている方には、つみたてNISAは向かないかもしれませんね。そんな方は現行NISAを利用するのをおすすめします。逆に、コツコツお金を貯めたいという方にはつみたてNISAが向いています。

 

 

f:id:hisuirai35:20171227155116j:plain

まとめ

つみたてNISAの開始時期やデメリットなどいろいろ紹介してきましたが、いかだったでしょうか?将来のことを考えると貯蓄は絶対に必要になってきます。お金に困らない楽しい生活を送ろうじゃありませんか?2018年1月新たな未来の扉を開きましょう。